忍者ブログ

絵の話とか

最近見た映画の話
『バーレスク』『英国王のスピーチ』『エリザベス ゴールデン・エイジ』『モリエール 恋こそ喜劇』を見ました。
感想など追記に。

『バーレスク』
ミュージカルということで、劇中の曲がいい。主役のアリがステップアップしていく様子もいい感じ。
でもとにかく、シェール演じるテスのキャラクターと、彼女の歌声が素晴らしい。本当に格好いい。「ウェルカム・トゥ・バーレスク Welcome to Burlesque」が大好きだ。
衣装もいいんだよなあ。
最後のアリとテスのやりとりも格好よかったし、ストーリーの、伏線からのオチもすかっとしたし、見てて楽しい映画だった!
以前見た『オペラ座の怪人』や『ムーラン・ルージュ』もおもしろかったし、ミュージカル好きだ。

『英国王のスピーチ』
ジョージ6世役のコリン・ファースと、ライオネル・ローグ役のジェフリー・ラッシュの演技が素晴らしかった。
二人の演技、空気感が本当によい。
落ち着いていて引きこまれるストーリーで、ずっと治療を見ていてからの最後の演説のシーン、そして演説後がとてもよかった。
ローグ夫妻と、ジョージ6世、エリザベス妃が会うシーンがおもしろかった。ジョージ6世が幼少期の体験や心境などローグに告白するシーンもよかった。

『エリザベス ゴールデン・エイジ』
ケイト・ブランシェットの演技と、衣装がとにかく素晴らしい。
『エリザベス』の続篇なので先に『エリザベス』を見たかったのだが、まだ見ていない。
歴史劇が好きなんですよね。『ブーリン家の姉妹』もおもしろかった。
最後の、赤く燃え落ちる無敵艦隊と、青を背景にしたエリザベスとの対比がよかった。スペインの、カトリックの人たちの衣装が赤で、エリザベスがよく青のドレスを着ていたようなのもよかった。
この映画にもジェフリー・ラッシュが出演していて、やはりいい演技だ。

『モリエール 恋こそ喜劇』
いい映画だった!
随所に喜劇らしさがあり、おかしくて何回も笑ったが、最後は泣かせる。
エルミールからモリエールへの台詞にとても感銘を受けた。これは是非見てほしい。
脚本や構成や演出が素晴らしい。エピソードごとの尺の取り方とか、台詞回しとか、舞台っぽさのある見せ方とか、よかった。特に終盤のシーン構成が、もう、たまらんかった。
台詞回しは本当に素敵。直截的にものを言わない、持って回った言い回し。モリエールの作品から引用している部分がいろんなところにあるらしく、モリエールの作品を知っていたらさらに楽しめたように思う。
俳優の演技も素敵だった。モリエール役のロマン・デュリスとムッシュ・ジュルダン役のファブリス・ルキーニが特に好きだが、キャスト皆よかった。
終わったあとのスタッフロールの前にキャストの紹介があり、それがカーテンコールだった。演劇が題材の映画なので、あのカーテンコールはふさわしいと思った。あの、ちょっとした顔見せにもその役らしさが見られる感じ。素敵だ。
衣装も美術もよかった。ああいう衣装や内装やなんかが大好き。
しかし、ムッシュ・ジュルダンは、あんなにいいようにドラントに言いくるめられていて、商人として大丈夫なんだろうか。金庫には金貨が大量にあり、ちゃんと儲けているらしかったが、貴族は美辞麗句を弄するのが仕事みたいなイメージだから、ドラントにかかっちゃジュルダンも形無し、ってことなのか。最後「金はもう払ったのだから」とか言ってたのは商人らしいなと思ったし。

対比というか、思い出したのだけど、以前見た『恋に落ちたシェイクスピア』もいい映画だったなあ。ストーリーがよくって、衣装もよくって、グウィネス・パルトローが素敵でね。
『恋に落ちたシェイクスピア』にも、そういえばコリン・ファースとジェフリー・ラッシュが出演している。

あと、歴史劇が好き、で思い出したんだが、以前見た『女王フアナ』もおもしろかったな。また見たい。

拍手[0回]

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
PROFILE
HN:
さわ
自己紹介:
絵と漫画と推理小説とSFとゲームとスポーツ観戦とセーラー服が好きです。
Copyright ©  -- 図画工作 --  All Rights Reserved
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]